【ご注意】携帯電話、スマホ等では、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください。

小林 節子



第555回 ちっちゃな秋みぃつけた



 

 

29日(月) 

台風接近の報道の中で、雲が青空に重く不穏な動きです。

2時、富士見バス停にお迎えに走ります。気持ちはドキドキです。
私の古希の祝いにと「女ひとり古希に家を建てる」を作りプレゼントして下さった 甲斐編集長夫妻が到着です。
製作中の1月、脳梗塞に倒れられ、必死のリハビリ。
右に麻痺が残ってると伺ってましが、どの程度か。
このほど雑誌「すこ〜れ」の定年も迎え、私もご一緒に連載を止めさせていただきました。

停留所の階段を杖をついて降りてこられましたが、お元気で、ただただ嬉しく。
お宿で荷物を下ろし、陽のあるうちにと、行きたいところをご案内。
まずは東山魁夷画伯の「御射鹿池」トンボが私の手に止まり、次には甲斐さんの お帽子に。
昨年亡くなったお二人の愛犬・メイ君だと、私には思えます。

次は小津安二郎監督ゆかりの無藝荘。
数々の思い出残る囲炉裏のある居間で、 しばし管理の柳沢さんとも映画談義です。

我が家への帰り道、またあろうことか、八ヶ岳に虹がかかりました。

レストランよりゆっくり我が家でお食事をと思い、私の下手な手料理で乾杯です。
まだ陽は明るく、縁側前では、牛山さんが草刈りをして下さり、玄関には採りたてトウモロコシを小林常晃さんと、自然薯作りの立石君が届けてくれました。

台風接近の中ながら、、、「思いきって来てよかった!」と甲斐さん。
今夜は温泉付き村営の宿にお泊まりです。



30日(火) 

永六輔さんとのお別れの会が11時から青山葬儀場でとのご案内を ご子息の良明さんから頂戴します。
お別れしたくもこういう会は気後れします。
松島トモ子さん、千野境子さんに押されてという感じで、早朝、特急あずさに 乗りました。
台風10号に翻弄された関東地区ですが、30分遅れで新宿に到着。
境子さんと待ち合わせ、式場へ。

「六輔 永(なが)のお別れ会」
竹の台に案内板が立ち、祭壇も竹と笹で、江戸っ子永さんのすっきりした美しさです。
鬼太鼓座の林英哲さんの小さな太鼓の音でお焼香。
献花は青と白のリンドウ。昨日甲斐さんたちに用意した食卓の花と同じでした。

黒柳徹子さんのお別れの言葉から始まりますが、永さん作詞の曲がメドレーで流れ、最後に「遠くへ行きたい」をジェリー藤尾さんが歌われ、堪えていた思いが涙に。

帰りは、境子さんと、永さんが大好きな笑顔で締め、二人でランチをし、あずさに飛び乗ります。

そういえば、、、産経新聞で論説委員、外信部長を務めた千野境子さんは最初に永六輔さんの事務所に案内してくれ、最初に佐高信さんの財界研究会に導いてくれた友でした。あれから、、、何十年、、、、

帰ると、ポストに「すこ〜れ」連載最後の号が郵送されていました。
永さんについて、私なりに書いた最後のエッセーです。
読んでいただけませんでしたが、 さて、どこへ送ったらよいものか。

というのは、私が SBCラジオで「天国のポスト」という番組を持っていて、 ゲストに出ていただいた折、困ったようなお顔で
「あのね、僕、寺の息子でしょう。天国へは行かないの」

境子さんからメール。東京の空に大きな虹が出たそうで、「後輩が撮りました」と。
永さんらしい、ふるさと・江戸の皆さんへの粋なお別れの虹でしょうか。


31 日(水)

甲斐ご夫妻の動きに、昨日は伊勢芳子さんに足をお願いしましたら、御柱など、いろいろご案内していただけたようで、我が友に感謝です。

帰られる今日、朝、高原朝市に。リングリンク仲間もいっぱいで、ゆく夏を 皆んなで惜しみます。
風も、秋の清涼な風に変化しています。

ランチはサラダたっぷりのミントガーデンへ。
「第二の人生への”転機”を掴んだような3日間でした」という嬉しい言葉を残し、東京へ2時のバスで帰られました。
甲斐さんと同じく、私も、今、ひとつの転機を感じ、、、武者震いです。
甲斐さんが若いころ、縦走したという八ヶ岳の阿弥陀岳の後ろ側の赤岳も今日はすっきり姿を見せてくれました。

昭恵さんのオープンカフェにも立ち寄ると、小泉さんが手芸と料理の手ほどきをみなさんに。

6時からは、田中博さんが開いた「食と農のシンポジューム」反省会です。
来年は農家の方々の時間が楽になる、11月開催と決まります。


1 日(木)

今日から9月、トンボが乱舞する朝、我が家のお隣薄井家の棟上が始まりました。
鉄骨だけの家に木材が組み立てられ、大きなクレーンが屋根の木材を運びます。

8時から作業が始まりますが、武信さんのご両親も仲良く見守ります。
施工は我が家と同じく、「風の森」さん。
我が家を作ってくれた職人さんたちと またしばらく毎日会えそうです。

夕刻5時、棟上式です。
武信さんが作った模型の前にお酒・お米・塩が並べられ、 建物の4隅にご家族の手で納められました。

これから本格的スタート。職人さたちの顔も明るく、工事ご無事でと祈ります。

7時、面白い会に参加しました。
茅野かんてん蔵に、高橋淳君が仕掛けた会は「選挙を勉強しよう!」
実は私たちの暮らしと深く繋がっているはずなのに、政治のこと、選挙のこと、無関心な仲間と、今さら聞けない話を、聞こうではないか、という会らしいのです。

ゲストは座間宮ガレイさん。
私は全く知らなかったのですが、ウエブプロデューサー で、放送作家。大竹まことさんのところで修行もしていたことあり、話の面白いこと。
昨年9月に安保関連法が強行採決されてから勉強会全国ツアーをスタートされたそうです。
参加者に子供連れがいっぱいで、話し中、子供は自由に通路で遊んでます。
おばあちゃん世代の私は、ただ楽しんでしまいました。


2 日(金)

穏やかに晴れ、お隣り薄井家の建築も順調のようです。
屋根が段々出来ていきます。我が家と同じ「風の森」建築で、職人さんとも顔なじみ。
家の形も似てるそうで、自分の時にはほとんど見てない建築経過が、お陰さまで観られます。

雲が赤く染まるまで、木造建築の音、、、いいものですね〜


3 日(土)

朝、同じ上里区の山崎さんが、京都からのお友達をお連れになり笹離宮へ。
京都からの女性二人は、安井清先生の娘さん、みどりさんとお友達。また輪が繋がります。

柿渋染・マリうえださんと和紙の造形家・武内晃氏との共同展が、茅野市北山の「土蔵ギャラリー・陽」で「ちっちゃな秋みぃつけた」と題して開催中です。
午後、勤務を終えた芳子さんと出かけました。

沢山のお客様で連日盛況のようですが、蔵の美術館は、なかなかいいものです。
蔵の持ち主は、東浦陽子さん。
古民家を手入れして移り住んだ方ですが、母屋にも 初めて伺いました。
素晴らしいセンスが生きていて、ため息が出るようなお家です。
そこに、湯葉つくりの有浦さんも現れて、、、ご無沙汰の友人大集合のようになりました。

5時笹離宮を閉めて、武信さんに誘われ森の木工作家、岩崎さん宅のバーベキューへ。
羽仁ご夫妻が開かれた自由学園卒業生、現役の子供達がいっぱいです。

自由学園卒の方たちと最近交流が多くなりましたが、もう一度戻れたら、入りたい学校だ、と 田舎に住むと感じます。
ここで必要なもの、私に欠けている「自労自治」「生きる力」を幼稚園から大学の寮生活まで含む中で、習得されているようで羨ましく思えます。
さらに豊かな芸術性が育まれるようです。

子供達は、真っ暗になっても、森の中を恐れることなく、探検と称して、 元気に遊んでいました。
太郎ちゃんも幼稚園に入園し、週末は「原村」へ帰ってきてくれます。


4 日(日)

笹の上でカエルが保護色と安心したのか、陶器のように動きません。

小田原から日帰りバスで、東京農業大学 OBの方々が20人ほどお見えです。
竹笹について農業出の皆さんは鋭い質問を浴びせたようで、案内の田中さんも「まいったまいった」

閉門して富士見町へ買い物に出る空の雲の変化に魅了されながら、、、、
遠い北の地方の皆様が、、、一日も早く普通の生活に戻られますように、、、

ではまた来週!

 

(写真 :小林節子)


第554回へ                         >> Home

クリックで救える命がある。


【バックナンバー】

第554回 しぜんとつながる(2016.08.22)
第553回 71年目の平和の日(2016.08.15)
第552回 「 UA(ウーア)コンサート」へ(2016.08.08)
第551回 穏やかな立秋の一日(2016.08.01)
第550回 共に生きる、天心の譜(2016.07.25)
第549回 まだ御柱で燃えています(2016.07.18)
第548回 この美しさにただ感謝(2016.07.11)
第547回 美しき農村地帯原村(2016.07.04)
第546回 まだ御柱祭は続いています(2016.06.27)
第545回 信州最南端天龍村へ(2016.06.20)
第544回 保守本流はどこへ、、、(2016.06.13)
第543回 火伏せの祝放水の儀2(016.06.06)
第542回 馬を使っての代掻き(2016.05.30)
第541回 上里地区公民館落成(2016.05.23)
第540回 初めて盲導犬に会いました(2016.05.16)
第539回 快方へ向かいそうです(2016.05.9)
第538回 御柱祭里曳き(2016.05.2)
第537回 ものみな息吹始めました(2016.04.25)
第536回 確実に冬は去り始めました(2016.04.18)
第535回 熊本の亡くなられた方々へ黙祷(2016.04.11)
第534回 テレビで祭(2016.04.04)
第533回 7年に一度の大祭「御柱祭」開幕(2016.03.28)
第532回 御柱をお迎えに(2016.03.21)
第531回 また誕生日がやってきました(2016.03.14)
第530回 京都〜東京〜原村(2016.03.05)
第529回 幸せ感いっぱい(2016.02.29)
第528回 女ひとり古希に家を建てる(2016.02.22)
第527回 これで春?(2016.02.15)
第526回 旧暦の元旦(2016.02.08)
第525回 朝9時から、千客万来(2016.02.01)
第524回 渋・辰野館で宴会会議(2016.01.25)
第523回 新居にペレットストーブが(2016.01.18)
第522回 新しき日々がスタート(2016.01.11)
第521回 今年も動き出しました(2016.01.04)
第520回 明けましておめでとうございます(2015.12.28)
第519回 リングリンクホール最後の感謝締めの会(2015.12.21)
第518回 ご縁あるみなさまへのご報告(2015.12.14)
第517回 寒さを感じない冬の到来(2015.12.07)
第516回 ホール最後のコンサート(2015.11.30)
第515回 晩秋の憂いと優しさ(2015.11.23)
第514回 縄文でムンムン(2015.11.16)
第513回 京都へ(2015.11.09)
第512回 この年も〆の時へ動き出しました(2015.11.02)
第511回 美しい秋景色です(2015.10.26)
第510回 美しい秋景色です(2015.10.19)
第509回 自然に力をいただいて生きている(2015.10.12)
第508回 リングがどんどんリンクしていきます(2015.10.05)
第507回 秋日和が戻ってきました(2015.09.28)
第506回 流のなか、必死で泳ぐような日(2015.09.21)
第505回 心穏やかになれぬ日は、、、(2015.09.14)
第504回 一日も早く穏やかな日が戻りますように(2015.09.07)
第503回 この年の夏は去って行きました(2015.08.31)
第502回 「ハレ」から「ケ」へ(2015.08.24)
第501回 行く夏を惜しんで(2015.08.17)
第500回 お盆休み〜(2015.08.10)
第499回 イベントがやっとまた一区切りして(2015.08.03)
第498回 心より、感謝を込めて(2015.07.27)
第497回 熱い夜でした(2015.07.20)
第496回 虹を追いかけました(2015.07.13)
第495回 ツバメの巣立ち(2015.07.06)
第494回 瓢箪から駒で、、、地鎮祭(2015.06.29)
第493回 縄文人と先住民ホピ族の知恵を聴く会(2015.06.22)
第492回 また、雨が降り始めました(2015.06.15)
第491回 美しい一日に心から感謝(2015.06.08)
第490回 レンズの向こうに、、、昭和がある(2015.06.01)
第489回 焚き火にはまっています(2015.05.25)
第488回 穏やかな週が過ぎました!(2015.05.18)
第487回 15周年記念イベントが始まりました!(2015.05.11)
第486回 食・農サミット2015開催(2015.05.04)
第485回 笹離宮開園(2015.04.27)
第484回 原村に桜前線が到着しました(2015.04.20)
第483回 何かが始まる新月の夜(2015.04.13)
第482回 ほんの少しの春の風、春の香(2015.04.06)
第481回 兄の一周忌(2015.03.30)
第480回 人生はマラソンだ!(2015.03.23)
第479回 誕生日でした(2015.03.16)
第478回 4年目の3月11日が廻って来ました(2015.03.09)
第477回 原村の産業振興(2015.03.02)
第476回 母の一周忌でした(2015.02.23)
第475回 寒いけど、穏やかな週です(2015.02.16)
第474回 銀座・青山とは、別世界(2015.02.09)
第473回 原村の楽しみ方(2015.02.02)
第472回 縄文人に思いを馳せる(2015.01.26)
第471回 雪と氷の世界にいます(2015.01.19)
第470回 −10℃の中のどんど焼き(2015.01.12)
第469回 新年行事が続きます(2015.01.05)
第468回 年初のご挨拶(2014.12.29)
第467回 クリスマスは東京でロケでした(2014.12.22)
第466回 忘年会シーズンです!(2014.12.15)
第465回 朗読会ふたつ(2014.12.08)
第464回 思い出多き2014年もあとひと月(2014.12.01)
第463回 映画が好き!(2014.11.24)
第462回 イルミネーションフェスティバル開始!(2014.11.17)
第461回 白い女王がすぐにやってくる(2014.11.10)
第460回 「福祉まつりin草加」に行ってきました(2014.11.03)
第459回 飽きない八ヶ岳です(2014.10.27)
第458回 まるごと収穫祭が開催されました(2014.10.20)
第457回 美しい秋の八ヶ岳です(2014.10.13)
第456回 台風の季節ですが原村は穏やかです(2014.10.06)
第455回 小津安二郎記念・蓼科高原映画祭でした(2014.9.29)
第454回 音楽と収穫の秋(2014.9.22)
第453回 心地よい日が続きます(2014.9.15)
第452回 赤トンボが舞い始めました(2014.9.08)
第451回 9月第1週もあっという間に終わり、、、(2014.9.01)
第450回 早くも食欲の秋を迎え(2014.8.25)
第449回 音楽に包まれる日々(2014.8.18)
第448回 どこかに小さな秋の気配(2014.8.11)
第447回 「蓼科笹類植物園〜笹離宮」完成!(2014.8.04)
第446回 真夏の幕開け(2014.7.28)
第445回 夏休みがやってきました(2014.7.21)
第444回 高原のイベントが次々と(2014.7.14)
第443回 もう少し青空がほしい7月です(2014.7.07)
第442回 2014年・後半のスタートです(2014.6.30)
第441回 千客万来です(2014.6.23)
第440回 梅雨明けが待たれます(2014.6.16)
第439回 「ヤギと暮らす一日」(2014.6.09)
第438回 山羊のゆめちゃんをご紹介します(2014.6.02)
第437回 あっという間に6月を迎えて、、、(2014.5.26)
第436回 森も田んぼも爽やかです!(2014.5.19)
第435回 こんな至福の時をありがとう(2014.5.12)
第434回 へとへとですが満足な週でした(2014.5.05)
第433回 緑光る皐月がやってきました(2014.4.28)
第432回 縄文小屋造りの一週間(2014.4.21)
第431回 なんという贅沢な田舎暮らし!(2014.4.13)
第430回 大病かと思いきや、、、(2014.4.07)
第429回 兄・重夫が旅立ちました(2014.3.31)
第428回 頑張る若者達とともに(2014.3.24)
第427回 草萌える命の月・3月からスタート!(2014.3.17)
第426回 特別な一週間が過ぎました(2014.3.10)
第425回 母・文代が旅立ちました(2014.3.3)
第424回 いつもの生活に戻りました!(2014.2.24)
第423回 「徹子の部屋」と大雪騒動は続く(2014.2.17)
第422回 信じられないほどの大雪です!(2014.2.10)
第421回 春遠からじ、、、とはいえ、大雪です!(2014.2.13)
第420回 風邪をひいてしまいました・・(2014.1.27)
第419回 母の98回目の誕生日(2014.1.20)
第418回 「徹子の部屋」に行ってまいりました(2014.1.13)
第417回 「徹子の部屋」の徹子さんに会えます!(2014.1.6)
第416回 初仕事は和服でオペラ(2013.12.30)
第415回 世界中が愛と平和を祈る日(2013.12.23)
第414回 雪の季節が始まりました(2013.12.16)
第413回 年末らしいイベントが続きます(2013.12.09)
第412回 八ヶ岳はロケ日より〜(2013.12.02)
第411回 何かが始まる予感の12月です(2013.11.25)
第410回 我が家の庭も雪化粧しました(2013.11.18)
第409回 阿弥陀岳にも初雪が降りました(2013.11.11)
第408回 “師匠”永さんの旅は続きます(2013.11.4)
第407回 紅葉真っ盛りの原村です(2013.10.28)
第406回 紅葉が美しい台風一過です (2013.10.21)
第405回 農場写真展も入選作が決まりました (2013.10.14)
第404回 秋たけなわの原村です (2013.10.7)
第403回 秋の夜は贅沢に過ぎていきます(2013.9.30)
第402回 今年も蓼科映画祭が終わりました(2013.9.23)
第401回 原村も実りの秋を迎えています(2013.9.16)
第400回 八ヶ岳も黒雲に覆われます(2013.9.9)
第399回 原村も秋の空に変わりました(2013.9.2)
第398回 月見草が咲き出しました(2013.8.26)
第397回 暑さも山を過ぎたでしょうか(2013.8.19)
第396回 思いがけぬ出来事が続く暑い夏です(2013.8.12)
第395回 原村に縄文の音色が響き渡ります(2013.8.5)
第394回 高原にひまわりが咲きだしました(2013.7.29)
第393回 選挙立会人を初体験です(2013.7.22)
第392回 猛暑の一週間でした(2013.7.15)
第391回 縄文小屋を笹葺きしました(2013.7.8)
第390回 八ヶ岳は今日も雲の中です(2013.7.1)
第389回 高原に初夏がやってきました(2013.6.24)
第388回 口福な一週間でした(2013.6.17)
第387回 ご褒美は天空の茜空です(2013.6.10)
第386回 原村も梅雨入りしました(2013.6.3)
第385回 稲の子が五月の風に揺れます(2013.5.27)
第384回 美しい石巻を訪ねました(2013.5.20)
第383回 桜がまだ見頃の原村です(2013.5.13)
第382回 原村は桜が満開の黄金週間でした(2013.5.6)
 
第381回 四月の終わりは雪も桜も・・・ (2013.4.27) 
第380回 まだまだ雪の原村です(2013.4.22) 
第379回 木々が芽吹きはじめました (2013.4.15) 
第378回 まだまだ0℃の世界です (2013.4.8)
第377回 いのちが喜びの声をあげます (2013.4.1) 
第376回 まるやち湖の雪が消えました (2013.3.25) 
第375回 まだ零下の朝もある原村です(2013.3.18) 
第374回 雪融けはありがたくもスリリング(2013.3.11) 
第373回 凍結した氷も少し緩み始めました(2013.3.4) 
第372回 氷点下の毎日が続きます(2013.2.25) 
第371回 雪かきに追われる毎日です(2013.2.18) 
第370回 温度計はまだ氷点下の原村です(2013.2.11) 
第369回 雪が融けたり、また降ったりの毎日です  (2013.2.4)  
第368回 インフルエンザに罹りました  (2013.1.28)  
第367回 母の97回目の誕生日を祝いました  (2013.1.21)
第366回 どんど焼きで無病息災を祈りました  (2013.1.14)

第365回 今年も横浜で新年のスタートです  (2013.1.7)
第364回 2013年も実りの時でありますよう  (2012.12.31)
第363回 忘年会が連日続きます  (2012.12.24)
第362回 今年も沢山の皆さまに支えられました  (2012.12.17)
第361回 外はマイナス5度の世界です (2012.12.10)
第360回 八ヶ岳も冬の厳しい表情に… (2012.12.3)
第359回 冬への準備が始まります (2012.11.26)
第358回 八ヶ岳にも初雪が降りました  (2012.11.19)
第357回 紅葉もそろそろ終わりです  (2012.11.12)
第356回 朝の庭は霜でもう真っ白です  (2012.11.5)
第355回 紅葉の葉も落ち、季節は冬へ…  (2012.10.27)
第354回 八ヶ岳農場の紅葉も駆け足です  (2012.10.22)
第353回 我が家はもう初ストーブです  (2012.10.15)
第352回 茸好きは落ち着かない季節です  (2012.10.8)
第351回 お月見台風は無事通り過ぎました  (2012.10.1)
第350回 原村は黄金色に染まっています  (2012.9.24)
第349回 原村でも稲刈りが始まりました  (2012.9.17)
第348回 絽刺し展も無事終わりました<